達仏

過去に住⺠の憩いの場として

町によって整備されたものの、

今ではほとんど

利⽤されることがなくなった

「みんなの森」を

再び⼈々の⼿に返そうと、

立木に仏教では聖数とされる

三十三体の仏像を彫り、

地域や⼈々の活⼒ある未来を

祈る場として制作されたのが

《達仏》です。

PAGE TOP